小陰唇はなぜ肥大してしまうのか|縮小手術のあとに気をつけること

簡単な手術で悩みを解消

女性

小陰唇はなぜ肥大してしまうのでしょうか。よく男性経験が豊富な女性は小陰唇が肥大するといった都市伝説を耳にします。しかしそうしたことはもちろんなく、医学的な根拠もないデタラメになります。小陰唇の肥大は先天的な問題になることが多いといわれていますが、はっきりとした原因は解明されていません。しかし最近では、小陰唇の肥大は縮小手術で簡単に解消されるので、手術を受ける女性が増えているといいます。小陰唇の肥大を解消する手術は、膣などに影響もないため、安心して手術を行うこともできますし、一度小陰唇の縮小手術をすれば、再び肥大に悩まされるとうこともありません。また、医師とカウンセリングの際に、好きなサイズや形を相談すれば、小陰唇を理想的な形に整えることができるでしょう。形だけではなく、黒ずみなどの部分もなくなるので、綺麗な見た目にすることができるはずです。切除して縫合するのが一般的になりますが、皮膚の感覚がなくなるわけではありません。性行為のときに不感症になる心配をする女性もいますが、心配はいらないでしょう。手術のあとは、少し感覚が鈍るケースもありますが、次第に元のような感覚になるはずです。さらに、手術のあとは、翌日からすぐに日常生活ができます。激しい運動は控えた方が良いですが、家事や仕事はいつも通りできます。ただし、無理のない範囲で行うようにしましょう。また性行為は1ヶ月は避けることが求められます。さらに、お酒を飲むことも1週間はやめておきたいところです。

縫い方で差が出る

お尻

小陰唇の肥大に悩む女性は多く、手術を受ける女性も増えています。しかし、まずは情報を多く収集することが大切です。場合によっては手術は不要ということもあるのです。しかし手術を決めたなら、縫合が綺麗なクリニックがオススメです。

もっと見る

同性だから安心できる

悩む女性

大阪には小陰唇の縮小手術が受けられるクリニックが多数あります。患者さんはどのようなポイントでクリニックを選ぶのかリサーチしてみましょう。患者さんの中には、女性医師を希望するケースも多いといいます。

もっと見る

手術を受ける利点

ウーマン

小陰唇の肥大に悩む女性は、縮小手術をすることをおすすめします。簡単な短時間の手術で、日常のさまざまなストレスや問題が解消されることが多く、メリットが大きいといえます。

もっと見る