小陰唇はなぜ肥大してしまうのか|縮小手術のあとに気をつけること

手術を受ける利点

ウーマン

小陰唇の肥大に悩む女性は、縮小する手術を検討するといいます。最近では、美容外科クリニックなどで簡単に小陰唇の縮小手術ができるので、比較的気軽にトライすることができるのです。小陰唇の縮小は1時間程度で行うことが出来ますし、日帰り手術が可能です。居所麻酔を使用することがほとんどで、身体の負担もすくなくてすみますし、短時間で身体のコンプレックスを解消できるので人気となっているのです。小陰唇の縮小手術は、女性器の手術数の中でも最も数が多いといわれています。そのため、人気の美容外科クリニックを選べば、たくさんの症例があるため、安心して手術をすることができるはずです。美容外科クリニックだけではなく、形成外科クリニックでも手術をすることはできます。クリニックを選ぶときには事前にどれくらいの実績があるのかをチェックすることをおすすめします。多くの症例があるクリニックの方が、ナチュラルで綺麗な形になるように小陰唇の縮小手術を行ってくれるはずです。
小陰唇の縮小をすると、形が美しくなるだけではありません。ジーパンを履くと痛みがあるという女性患者や、自転車やバイクにまたがると痛みが出るといった女性患者にとっては、ストレスなく日常を過ごすことができるようになります。また、性交をするときに痛みがあったり、うまく排尿ができないといった問題が解消されるケースも多いといいます。そして、綺麗に形を整えることで、パートナーに対しても恥ずかしい気持ちがなくなり、より愛情が深まったという女性患者も少なくありません。